Arion Saxophone

Quartet

デビュー10周年記念

コンサートツアー

MOUNTAIN ROAD


Arion Saxophone Quartet

Soprano Saxophone

堀江裕介

Yusuke Horie


仙台市出身。サクソフォンを古溝徹、雲井雅人の両氏に師事。愛知県立芸術大学在学中にリサイタルデビュー、日本各地でソロ、室内楽、オーケストラの客員等で演奏活動を開始し、2005年同大学大学院音楽研究科修了。 ソリストとして2003年に沼尻竜典指揮、名古屋フィルハーモニー交響楽団と協演し、以後、外山雄三、松尾葉子、工藤俊幸、山田和樹各氏らの指揮で、仙台フィルハーモニー管弦楽団、愛知室内オーケストラ、セントラル愛知交響楽団等と協演。2008年に名古屋ウインドシンフォニーと全曲協奏曲形式のリサイタルを開催。2011年にはセントラル愛知交響楽団の定期演奏会のソリストを務めた。オーケストラ等の客員奏者としての活動も多く、名古屋フィルハーモニー交響楽団を始め、スウォンフィルハーモニック管弦楽団(韓国)、なにわ<オーケストラル>ウインズ、セントラル愛知交響楽団、中部フィルハーモニー交響楽団等各地の楽団に参加。また、ゲストソリストや指揮者としてアマチュア吹奏楽団や合唱団との共演も多数。2015年より、サクソフォンライブin Dolceシリーズを開始。現在ソロ、オーケストラの他、ウインドアンサンブルGAJA(ガヤ)、アリオン・サクソフォン・カルテット、UnitàDellaSaxの各メンバー、ムジカウインドオーケストラ常任指揮者として幅広い演奏活動を行いながら、教育活動にも力を入れており、愛知県立芸術大学講師を経て、愛知県立明和高等学校音楽科の教諭として、後進の育成にもあたっている。ファーストソロアルバム「the BAROQUE Sax(PMO-1001)」をリリース。    

Aito Saxophone

小森伸二

Shine Komori


岐阜市出身。1996年名古屋音楽大学卒業。2001年フランスのセルジー・ポントワーズ国立音楽院卒業。2000年パリのレオポルド・べラン・コンクール優勝。2004年日演連推薦新人演奏会において名古屋フィルハーモニーと共演。これまでにサクソフォンを桜井牧男、亀井明良、小串俊寿、アラン・ジュッセ、ニコラ・プロスト、ジャン=イヴ・フルモー各氏に師事。マスターズ・ブラス・ナゴヤ、UnitàDellaSax、アンサンブル・アミュゼ、サックスカルテットMETEOR、トリオ・バンディットの各メンバー。名古屋音楽大学、金城学院大学、同朋高校の各非常勤講師。植村楽器、ドルチェミュージックアカデミーの各講師。

Tenor Saxophone

佐野功枝

Norie Sano


静岡県富士宮市出身。愛知県立芸術大学音楽学部卒業。第7回「静岡の名手たち」オーディション合格。同コンサート出演。これまでにソリストとして名古屋ウィンドシンフォニー、セントラル愛知交響楽団と共演。サクソフォンを雲井雅人、池田崇明、中嶋英乃の各氏に、室内楽を菅原眸、中川良平、村田四郎の各氏に師事。2006年よりソロリサイタルを名古屋、東京、静岡の各地で開催。名古屋アカデミックウィンズ代表、一宮市消防音楽隊委託演奏員、小江戸ウインドアンサンブル、UnitàDellaSaxの各メンバー。JWECC(日本管楽合奏指揮者会議)会員。現代邦楽みさと笛三級師範。これまでに2枚のソロアルバムをリリース。「illumination(FLCP-21019)」(フロレスタン株式会社)、「Fairy Tale(TKYL-1001)」(ツキヤレーベル)。

Baritone Saxophone

遠藤宏幸

Hiroyuki Endo


岐阜市出身。東京コンセルヴァトアール尚美を首席で卒業、同校卒業演奏会に出演。同校ディプロマコースを修了。サクソフォンを石渡悠史、岩本伸一、雲井雅人の各氏に師事、室内楽を、服部吉之、服部真理子の両氏に師事、指揮法を橋本久喜氏に師事する。2001年岐阜メルサホール、2003年、2004年、2013年名古屋ザ・コンサートホールに於いてソロリサイタルを開催、いずれも好評を得る。サクソフォン奏者としての活動のほか、吹奏楽指導者としても、多くのアマチュアバンドを指導している。20163月大垣女子短期大学を退職。現在、アリオンサクソフォンカルテット、トリオ・ウィステリア、ウインドアンサンブルGAJA各メンバー、UnitàDellaSax代表、ルロウブラスオルケスター常任指揮者。